次男のこと の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2015/03/08 久々に次男のバスケに顔をだしました
長いタイトルですね。土日でバスケの大会があり、昨日は予定があって行けなかったのですが今日は応援に行ってきました。本当に久しぶりです。昨日は順位の決まる試合なので、次男の出番はなかったでしょうが今日は交流戦なので次男にも出場機会がありました。.次男にシュートを打たせるため、みんなが必死でボールをカットしてはパスを出してくれます。なのにゴールに嫌われたのか惜しいのですがなかなか入りません。それでも皆が...
2014/02/20 嬉しかったこと
お久しぶりの更新です。先日、印鑑証明を取りに市の施設に行きました。そこでは住民票や謄本が取れるだけでなく、本の貸し出しもしています。誰かの視線に気づき見てみると・・・図書の貸し出し係りが知り合いのKさんでした。Kさんのお子さんは男の子が二人。お兄ちゃんは兄と、弟君は次男と保育園からの同級生です。弟のT君は次男ととても仲良くしてくれました。同じクラスになると毎日のように遊びに来てくれたんです。とても...
2013/10/07 夫婦一緒に
今日は久しぶりに次男関係(でもないかな?)の話です。家を買い戻すにあたり、私一人では住宅ローンで借り入れる金額が希望額に満たないため次男と共同で借りることになりました。その手続きに顔写真入りの証明書の提示を求められました。次男は免許証を持っておらず、パスポートも期限切れ。しかたなく療育手帳を提出しました。今回、お世話になっている不動産やさんの社長さんとダンナ様が電話でやり取りしているときに「yuyuha...
2013/05/09 次男22歳
今日は次男の誕生日。22才になりました。社会人になって3年。理解ある人たちに囲まれ、のびのびと仕事をしています。余分なお金は使わない次男ですが、いただいたお給料でパソコン、テレビ、ゲーム、自転車を購入。自分に必要だと思うものはお金を惜しまないようです。月に数回あるクラブチームの練習が唯一の余暇でしょうか?人との係わり合いが苦手な次男。休みの日に遊べる友達が一人でもいるといいのになぁと相変わらず考えて...
2013/01/13 成人式
成人式ですね。知人の子供さんの中にも何人かいてLINEのグループ内で写真UPしてもらう予定です。楽しみ。次男の後輩たちの「成人を祝う会」はどうだったかな?もう一年経つんですねぇ。早いなぁ。「成人を祝う会」は次男が卒業した支援学校のPTAが主催するイベント。私も役員だったので仲間と一緒に準備に奔走してました。当日は男子は全員スーツ姿。中には「僕・・似合ってますか?いつもは作業着なんで・・・」と心配して聞いて...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々に次男のバスケに顔をだしました

長いタイトルですね。

土日でバスケの大会があり、昨日は予定があって行けなかったのですが

今日は応援に行ってきました。

本当に久しぶりです。



昨日は順位の決まる試合なので、次男の出番はなかったでしょうが

今日は交流戦なので次男にも出場機会がありました。

.次男にシュートを打たせるため、みんなが必死でボールをカットしてはパスを出してくれます。

なのにゴールに嫌われたのか惜しいのですがなかなか入りません。

それでも皆が次男にパスを出し続け、次男も何度もシュートを打ち

何とかワンゴール!!

やれやれ・・・

毎度のことながら皆の気持ちが嬉しい場面。

本当にありがたいです。



もう一つ素敵な場面がありました。

他チームの試合でのこと。

点差が開いたところで一人の選手が交代で入りました。

どうやらほかの子よりも少し程度の重いお子さんのようです。

彼は他の4人と違いボールを追って走りません。

ゴール下で待機しています。

チームメイトが彼にボールをパス・・・そしてシュート!!

きれいにゴールが決まり、周りから大歓声があがりました。

当の本人も飛び跳ねて体全体で喜びを爆発させています。

もうね、うるうるしちゃいました。

彼にとってゴール下でボールのパスを待つ・・・きっととても難しいことだったと思います。

何度も何度も指導されて何度も何度も練習して・・・

そして今日のシュートにつながっている。



次男たちもそうですね。

ルールを覚えるだけでも健常児の何倍もの時間がかかる子供たち。

そこから始まってこうやってゲームができるまでに成長する。

もちろん個々の能力は違うので、彼や次男のように時間がかかってしまう子もいるけれど・・・

根気よく指導してくださった先生方のおかげです。



最後の試合では、次男になんとフリースローが回ってきました。

1投目、2投目ともリングに当たって入らず・・・

ところが相手が動くのが早かったため、もう1投のチャンスが!!



息を飲む母・・・


ゴールを見つめシュートを放つ次男・・・・


入ったぁ!!



やったぁああああああ

そのまま試合終了。

相手のベンチにあいさつに行った際に監督さんが次男に

「ナイスシュート」

と声をかけて下さったのが聞こえて嬉しかった。

現役時代はボールがゴールまで届かなかったんですよ。

ボールのキャッチもろくにできませんでした。

バスケを始めて8年経ってやっとここまできたんです。


大満足の母でしたが更にうれしいことが。

大会も終わり、みんな着替えて会場の外へ。

他県からきたチームをお見送りしたり、道具を車に積んだりする時間。

次男はみんなの輪の中に入り談笑していました。

以前の次男なら一人でウロウロしていました。

それが楽しそうにチームメイトと話していたんです。

何を話しているのか時々ドッと笑いがおきています。



そういえばT君の母であるAちゃんから聞いた話。

次男はT君に父親が東京に転勤したことを話し、

「お父さんもお母さんも大変なんだ。」

「お父さんがいなくて寂しい」

と言っていたそうなんです。


ここ最近、次男のバスケを見に行くことが少なくなっていました。

同じことの繰り返しの日常の中で

私は次男の成長に気づくことができませんでした。

日々成長している・・・

しみじみと実感しました。

そしてイライラすることもあるでしょうに、次男に手を差し伸べてくれる同期のT君。

本当にありがたいことです。



帰る前、監督のもとに集合した次男たち。

監督は皆の前で次男のことをほめて下さったようです。



「次男、シュート決めたね。見てたよ。」

「よかったね、頑張ったね」

私の言葉に


「まぁな」


次男お得意のセリフが帰ってきました。
















スポンサーサイト

嬉しかったこと

お久しぶりの更新です。



先日、印鑑証明を取りに市の施設に行きました。


そこでは住民票や謄本が取れるだけでなく、本の貸し出しもしています。


誰かの視線に気づき見てみると・・・図書の貸し出し係りが知り合いのKさんでした。


Kさんのお子さんは男の子が二人。


お兄ちゃんは兄と、弟君は次男と保育園からの同級生です。


弟のT君は次男ととても仲良くしてくれました。


同じクラスになると毎日のように遊びに来てくれたんです。


とても小柄なT君ですが、中、高とバスケ部で中学時代はキャプテンを務めていました。



「ねぇ、次男君ってバスケやってるんだって?」



Kさんから尋ねられました。



「うん、やってるけどどうして?(知ってるの?)」


「Tがね、この前の大会で次男君を見たって。」



バスケが大好きなT君ですが、身長のこともありプレーを続けることは断念。


でも、人から薦められて審判を勉強し始めたと以前に聞きました。


次男が出場した11月の大会でT君が審判をしたそうです。



「FID(知的障碍者)バスケの審判もするの?」


「うん。要請があればどこでも行くよ。」



そうかぁ。


なんだか嬉しくなってしまいました。


小さいときから何かと次男を気にかけ、仲良くしてくれたT君。


お宅にもよくお邪魔させていただきました。


とはいえ、T君は健常児。


もうかかわり合うこともないと思っていました。


それがこんな偶然で再会できるなんて。



「Tがね、なんで次男は中学でバスケに入らなかったんだろう?

             一緒だったら楽しかったのに。って言ってたよ。」



そう言ってもらえて本当に嬉しかった。


明るくて面倒見がよくて人気者だったT君。


そんなT君が仲良くしてくれたおかげで、


次男が学校生活を円滑におくれたと言っても過言ではありません。


そしてそんなT君に育て上げたKさん。


保育園時代から次男を理解してくださったお一人です。



「試合会場でまた会えるかもしれないね。」

「うん。今度会ったら声をかけてやってね。」


毎日寒い日が続きますが、ほっこり暖かくなりました。



Kさん、T君、ありがとう。













夫婦一緒に

今日は久しぶりに次男関係(でもないかな?)の話です。



家を買い戻すにあたり、私一人では住宅ローンで借り入れる金額が希望額に満たないため

次男と共同で借りることになりました。

その手続きに顔写真入りの証明書の提示を求められました。

次男は免許証を持っておらず、パスポートも期限切れ。

しかたなく療育手帳を提出しました。



今回、お世話になっている不動産やさんの社長さんとダンナ様が電話でやり取りしているときに


「yuyuhayaさんのところの子供さんは障害か何か・・・」


と聞かれたそうです。


ダンナ様・・・発達障害という言葉が出てこなかったそうですよ

ホント「全くぅ!!」なダンナ様ですが、



「子供さんが障害を持っているにもかかわらず、

        yuyuhayaさんご夫婦は上手くいってらっしゃるんですね。」



と言われたそうです。




聞けば社長さんの娘さんが不登校から引きこもりになってしまったそう。

奥様はいろいろ調べたり人に聞いたりして


  「障害があるのでは?」


と思い当たったそうです。

だけど社長さんは納得できませんでした。

そのせいで溝ができてしまい、今では別居なさってるというのです。



今でこそ同じ方向を向いている私たちですが、

やはり最初ダンナ様は次男に障害があるとは認めませんでした。


「気にしすぎ!!」


何度言われたでしょう。




夫がなかなか認めず、奥さんが一人で頑張っている・・・

よく聞く話です。




我が子に障害があるなんて、母親だって思いたくないですよ。

その気持ちは一緒。

でも、子供を遊ばせてる公園でほかの子と比べて・・・・

幼稚園でトラブルを起こして・・・etc etc...

嫌でも母親には現実が突きつけられます。

発達障害は明確なものがなく、

障害があるのか?それとも自分の育て方が悪いのか?

本当に悩みます。

そこで父親である夫が理解し、一緒に受け入れてくれるかどうか。




ダンナ様と話してる中で


「うちの家系にはそういう(障害を持った)人間がいないんですよ。」


という言葉が出てきたそう。

これ・・・きっと奥様にも言ってしまったんでしょうね。

娘のために孤軍奮闘してる奥様が旦那様の理解を得られないだけでなく、

こんな言葉を投げつけられたら・・・・

本当に胸が痛いです。




「我が子の障害を受け入れる」


とてもしんどい事です。

つらいです。

でもそれをしなければ前に進まないんです。



発達障害という言葉がでてこなかったダンナ様ですが、


「とにかく受け入れなければ前に進まないんですよ。」

「受け入れることができたら次に進めるんです。」

「子供にとって何が一番ベストなのかを探さなきゃいけないんですよ。」


とお話したそうです。




「・・・一度話し合ってみます。」



最後に社長さんが言われたそうです。



よかった・・・




なんかねー。こういう話を聞くと必要以上に感情移入しちゃいますね。

いい方向に行くといいな。








次男22歳

今日は次男の誕生日。

22才になりました。

社会人になって3年。

理解ある人たちに囲まれ、のびのびと仕事をしています。

余分なお金は使わない次男ですが、

いただいたお給料でパソコン、テレビ、ゲーム、自転車を購入。

自分に必要だと思うものはお金を惜しまないようです。



月に数回あるクラブチームの練習が唯一の余暇でしょうか?

人との係わり合いが苦手な次男。

休みの日に遊べる友達が一人でもいるといいのになぁと相変わらず考えてしまう母です。




障害を持って生まれてきた次男。

大人になった姿を想像することができませんでした。

でも、立派に成人し立派に働いています。

軽口もたたけるようになり、時には


「どこでそんな言葉を覚えてきた!?」


ということも。

本当に大きくなりました。





今日の夕食のリクエストはピザ。

楽させてもらいました。

今はシチューを煮込み中。

小さいときにお誕生日の夕食の希望を聞いたら


「白いキノコのお汁。(マッシュルーム入りのシチュー)」


って言われたっけ・・・

かわいかったなぁ。


「ご飯と味噌汁」


って言われた年もあったわ。




今日もケーキにローソクでお祝いしますよ!!


我が家の癒しの次男君。


お誕生日おめでとう。



成人式

成人式ですね。


知人の子供さんの中にも何人かいて


LINEのグループ内で写真UPしてもらう予定です。楽しみ。


次男の後輩たちの「成人を祝う会」はどうだったかな?


もう一年経つんですねぇ。早いなぁ。





「成人を祝う会」は次男が卒業した支援学校のPTAが主催するイベント。


私も役員だったので仲間と一緒に準備に奔走してました。


当日は男子は全員スーツ姿。


中には


「僕・・似合ってますか?いつもは作業着なんで・・・」


と心配して聞いてきた子もいましたが、


みんなよく似合ってて「立派になったなぁ」と


おばちゃんたちはジーンとしてましたよ・・・・


女の子たちはほとんどの子が艶やかな振袖姿。


きれいにお化粧してもらって、はじけんばかりの笑顔。


親御さんの思いが伝わってくるようでしたね。





そんな中・・・・


紺のパンツスーツで来た子がいました。


女子バスケのキャプテンだったYちゃん。


もともとボーイッシュなお嬢さんだったけどお化粧もしていませんでした。






後で聞いたのですが


成人を祝う会の1ケ月ほど前に、ブログによく登場するT君に


「私・・着物持ってないんだけど成人式に行っていいのかな?」


と、電話があったそうです。


これを聞いて胸が詰まりました。





Yちゃんは今でも次男と同じクラブチームに入っていますが、


お母さんは見たことがありません。


なのでどんなご家庭なのかはわかりません。


それぞれ事情はあるでしょう。


成人式だから絶対に着物を着なけりゃならないなんて事もありません。


でも、レンタルという選択肢があることをYちゃんは知っていたんでしょうか・・?


他にも洋服で参加された子もいましたが、


華やかなドレスにお化粧も、髪型もかわいくセットされていました。


もしかしたらお化粧しないこともYちゃん自身の選択であったかもしれません。


でも髪型に少し工夫されている様子が見られたので


「お洒落したい」


というYちゃんの気持ちが見て取れるような気がするんです。





それぞれで家庭の考え方があり、事情もある。



十分わかります。



支度をしてやりたくてもできない親御さんもいらっしゃるでしょう。



でも、Yちゃんは自分で働いて収入があります。



着物にしても、洋服にしても誰かのアドバイスがあれば、




「私、成人式に行ってもいいのかな?」




と心配しなくてもよかったんじゃないかなと・・・・







バスケ部だけで写真をとったんです。


華やかな着物を着て髪の毛を結った友人の横で


Yちゃんは何を思っていたのでしょう。


今、思い出しても胸が痛いです。



























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。