健康 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2012/05/30 もう効かないの?
今日は姑の治療日。7クール1回目。6クール目の最終日にCTを撮ったので、その結果も聞きました。3ケ月前のCTでは一番大きかった18ミリの癌が半分の9ミリになっていました。なので今回は更に小さく・・・と思っていました。なのに・・・「少し腫瘍が大きくなってるんですよね。」映像を見ると前回よりもほんの少し大きく、濃く写っています。3ヶ月前「小さくなった」ってあんなに喜んだのに。ほかの箇所にも以前はなかった腫瘍が...
2012/05/11 私って意外とデリケート?
実は1週間くらい前からずっと胃痛と咳に悩まされてました。こんなことは初めて。そのうち治るだろうとタカをくくってたら全然治らなくって、今日やっとお医者さんに行ってきました。何だか自分のことで医者に行くのって久しぶり。咳の方は風邪のようですが、胃痛のほうはストレスなんだって!!ほえー。ストレス!?何だろう?自覚ないんだけどなぁ。無事、お薬をいただいて帰ってきました。治るころだったのか、薬のおかげなのか...
2011/11/12 とうとう
おととしの12月に乳がんが発覚、手術。今年の1月に転移が発覚、経口による抗がん剤「ゼローダ」の投与開始。8月の検査でゼローダの効果があまり認められない事が発覚。3ケ月様子を見て、おとといCT、そして今日。やはり腫瘍が大きくなっていることがわかりました。以前、義姉と義妹とで話し合った時には、これ以上つらい思いをさせるのは辞めようと点滴の抗がん剤治療はしないということになりました。でもCTの写真を見ると、腫...
2011/11/05 引きこもり?
毎月1日に保険の営業をしてるKちゃんが会社に顔を覗かせてくれます。 いつも元気なKちゃんなのですが、 「はぁ・・・」 何だか元気がありません。 「何だか最近何もやりたくなくってさぁ。」 会社の健康診断で乳がん検診に引っかかったKちゃん。 私もかなり心配したのですが、幸いにも乳線炎だと判明。コチラ ところがその辺りから、家の事にも仕事にもいまいち身が入らなくなってしまったそう。 「電話やメールするのも億劫でさぁ...
2011/10/09 よかったぁ
乳がん検診に引っかかってしまったKちゃん。詳しくはコチラ 心配だったのですが、どうだったか聞くに聞けず気を揉んでました。 が、検査の結果乳がんではなく乳腺炎だと判明!! ああーよかった!! 乳がん検診に引っかかってから、詳しい検査をするまでに 「怖いから」 という理由でなかなか足が向かなかったようで時間がかかってしまったんです。 細胞を取っての検査なので、胸から針を刺されたそうで(うう~) 「ギャー!イタ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう効かないの?

今日は姑の治療日。

7クール1回目。

6クール目の最終日にCTを撮ったので、その結果も聞きました。



3ケ月前のCTでは一番大きかった18ミリの癌が半分の9ミリになっていました。

なので今回は更に小さく・・・と思っていました。

なのに・・・


「少し腫瘍が大きくなってるんですよね。」


映像を見ると前回よりもほんの少し大きく、濃く写っています。

3ヶ月前「小さくなった」ってあんなに喜んだのに。


ほかの箇所にも以前はなかった腫瘍が写っていました。

治療を始めてまだ半年。

もう薬効が切れるの?



主治医からは今投与している「パクリタキセル」に

「アバスチン」を併用することを薦められました。

アバスチンはもともと大腸がんの治療に用いられる薬なんだそうですが、

最近、パクリタキセルと併用すると高い効果が得られることがわかったそうです。



気になるのは副作用。

パクリタキセルの副作用は脱毛と手足のしびれくらいです。

脱毛を恐れていた姑。

髪が抜け始めた頃は確かに落ち込んでいましたが、

そんな自分の姿にも慣れ、受け入れてしまった今は特に気になる副作用はありません。

吐き気や倦怠感はないので、点滴中は爆睡。

食欲もあり元気です。

なので少しでも長くパクリタキセルが使えるといいなぁと思っていたんです。



そしてアバスチンの副作用は

血圧の上昇

蛋白尿

粘膜からの出血

白血球の低下=抵抗力の低下


ごくまれに、うっ血性心不全や胃や腸に穴の開くことがあるようです。

もともと姑は高血圧なのにこれ以上?

病院でいただいたアバスチンに関する小冊子の中に

「治療を慎重に受ける必要がある場合」として9項目あるのですが、

そのうち5項目にあてはまるんですよ。

半分以上です。

治療に踏み切るにはリスクが高い・・・

吐き気、倦怠感などはないそうで、そこは魅力的なんですけどね。





使っている抗がん剤が効かなくなったら次の抗がん剤。

それが効かなくなったら次・・・

それは聞いていました。

でもまさかこんな早いとは思いませんでした。



とりあえず、もうしばらくパクリタキセルを使うことになりましたが、

近い未来に向けて何らかの決断をしないといけません。

辛いなぁ。



スポンサーサイト

私って意外とデリケート?

実は1週間くらい前からずっと胃痛と咳に悩まされてました。

こんなことは初めて。

そのうち治るだろうとタカをくくってたら全然治らなくって、

今日やっとお医者さんに行ってきました。

何だか自分のことで医者に行くのって久しぶり。

咳の方は風邪のようですが、胃痛のほうは

ストレス

なんだって!!

ほえー。ストレス!?

何だろう?

自覚ないんだけどなぁ。



無事、お薬をいただいて帰ってきました。

治るころだったのか、薬のおかげなのか、かなりよくなりました。

よかった。

あさっては家族ぐるみでおつきあいしてる家の娘さんの結婚式なんでね。

体調を整えておかないと。

あと2日。

ダイエット頑張ります。




それと・・・

お兄が働き始めて1週間。

今日は財布を持たずに家を出てしまったようで昼食抜きだったもよう。

ばかだなぁ。

極度の緊張は抜けたでしょうかね?

まだ猫をかぶっているようで、お兄の会社での評判は

「標準語を話すおとなしい人」

ということらしいですよ。


とうとう

おととしの12月に乳がんが発覚、手術。

今年の1月に転移が発覚、経口による抗がん剤「ゼローダ」の投与開始。

8月の検査でゼローダの効果があまり認められない事が発覚。

3ケ月様子を見て、おとといCT、そして今日。

やはり腫瘍が大きくなっていることがわかりました。


以前、義姉と義妹とで話し合った時には、これ以上つらい思いをさせるのは辞めようと

点滴の抗がん剤治療はしないということになりました。

でもCTの写真を見ると、腫瘍のひとつが結構大きくなっていたんです。


「このまま治療をやめてしまうと、肺炎や呼吸困難になると思います。」


わかっていたことですが、イザ直面すると

「このまま治療をしません。」

とは、なかなか思い切れないものです。


つかわれる薬は「タキソール」というもの。

主な副作用は手足のジビレと脱毛。

吐き気などはあまりないようです。


以前は「脱毛」と聞くと即座に難色を示した姑ですが今日は何も言いませんでした。

「もうここまで生きたなら十分だよ。」

とよく言ってましたが、直面するとさすがに怖くなったのでしょう。

あれだけ脱毛を嫌がってたのに、

「髪の毛が抜けることはあまり気にならない。もともと帽子も好きだし。」

と言い出しました。


「とりあえずやってみよう」

と、言うことになりました。

週に一回の点滴を3クール。そして1週休み。

ゼローダといっしょですね。

ただ、血管がつぶれてしまうということで胸に「CVポート」というカテーテルを

埋め込む手術をしないといけないんだそうです。


なんだかあれよあれよという間に次々と予定が組まれていきました。

とりあえず16日に手術の説明、25日に手術。来月から抗がん剤治療。

また忙しくなります。

眼科と認知もありますからね。

とりあえず納得した姑ですが、始まったら泣きが入るでしょう。


病院を出たのが1時過ぎ。

すぐ近くのラーメン屋で昼食。

姑はラーメンと餃子を完食。

家に着くと

「さぁ今からお昼寝しよう。もう、好き勝手に幸せに暮らさせてもらってるわ。」



・・・・・もしや忘れてる?抗がん剤治療のこと・・・・

やっぱり幸せかも。








引きこもり?

毎月1日に保険の営業をしてるKちゃんが会社に顔を覗かせてくれます。

いつも元気なKちゃんなのですが、


「はぁ・・・」


何だか元気がありません。


「何だか最近何もやりたくなくってさぁ。」


会社の健康診断で乳がん検診に引っかかったKちゃん。

私もかなり心配したのですが、幸いにも乳線炎だと判明。コチラ

ところがその辺りから、家の事にも仕事にもいまいち身が入らなくなってしまったそう。


「電話やメールするのも億劫でさぁ。」


なんかこれ・・・わかるような気がします。

私もなぁーんにもやりたくない時ってあるんですよ。

それに昔よりかなり出不精になってる気がするんですよね。

例えば予定のない日曜日。

昔は午後から友達を誘ってお茶したもんですが、最近は・・・お昼寝しちゃう・・・

なんだかどんどん引きこもっていく感じ。

これではいけない!!と思ってなるべく人と会うようにし始めたところなんです。

自分を変えなきゃ!!って。


特に嫌いなわけじゃないんだけど、何となく苦手な人っていませんか?

できれば二人きりになりたくないっていうか・・・

私も長い付き合いなのになんとなく苦手意識があるひとがいたんです。

先日、思い切ってお茶に誘ってみました。

そうしたら結構話が弾んで、楽しい時間が持てたんです。


引きこもってばかりいると、だんだん卑屈になっていくんですよ。

一人取り残されたような気になってしまうんです。

でも、意識して人と会うようにしたらそんな気持ちもなくなりました。


「この前Mさんと会ったんだよ」コチラ

銀行員時代、Mさんとは同期でkちゃんは1つ下の後輩でした。

もう一人の同期だったNさんと4人でとても仲がよかったんですよ。


「あーMさんねぇ。電話しようと思いつつしてないわ。」

「Nサンにも声をかけて4人で会いたいねって言ってたよ。」

「ああー。」


大丈夫かな?Kちゃん。


「今日会議があるんだよー。いやだなぁー。」


とKちゃんは帰っていきました。

これって軽い鬱とかなんでしょうか?

私も引きこもってるときは自分自身がちょっと心配でした。

早めに集まりを開いた方がよさそうですね。

早く元気ないつものKちゃんに戻って~。


よかったぁ

乳がん検診に引っかかってしまったKちゃん。詳しくはコチラ

心配だったのですが、どうだったか聞くに聞けず気を揉んでました。

が、検査の結果乳がんではなく乳腺炎だと判明!!

ああーよかった!!

乳がん検診に引っかかってから、詳しい検査をするまでに

「怖いから」

という理由でなかなか足が向かなかったようで時間がかかってしまったんです。

細胞を取っての検査なので、胸から針を刺されたそうで(うう~


「ギャー!イタイイタイ!!」


と大騒ぎしたところ、


「痛いの?じゃあ乳腺炎かな?」


と言われたそうなので、多少安心したようですが

やっぱり、ちゃんと結果を聞くまでは不安ですよね。



よかったよかった



乳がん検診といえば、エコーとマンモグラフィーがあって、

エコーよりもマンモの方がいいという認識だったのですが、

Kちゃんの場合はエコーでなければ発見が難しい場所だったそうです。

本当は両方の検査を受けるのが最善なのだそう。

Kちゃんは仕事の関係もあって、医師からその旨を啓蒙していきなさいと言われたそうです。

実は私、マンモのほうはやったことないんですよ。

人に聞くところでは・・・痛そう・・・


「もう、無理だってー!!」


って言うくらい押しつぶされるって・・・・

でもやっぱりマンモもやった方がいいんだよね・・・ううう



ホッとしたkちゃんですが、

今後も経過観察が必要なようで、

半年に一度はあの痛い検査をしないといけないのだそう・・・・

ガンバレ!Kちゃん!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。