スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グレイちゃん

保育園の保育士をしている友人がいる。
その友人とは17年程の付き合いで、次男君のことも小さいときから知っている。
結婚して保育士をやめたのだが、数年前からパートとして復帰した。
復帰して2年目に受け持ったクラスが障がい児クラスだった。


受け持つ子供さんの中に自閉症のお子さんがいて、なかなかうまく対応ができないと相談を受けたことがある。
次男を小さい頃から知っていることで、多少は扱いに慣れているつもりだったのに次男よりはるかに症状の重い子どもさんで、かなり戸惑ったようだ。


話しかけるときは必ず正面から。

耳からのよりも目からの情報の方が伝わりやすい。


など一般的な特徴を説明し、本を数冊貸した。
その後、「トイレ」や「手を洗う」などのカードを作成し対応していくうち
そのお子さんはすごく落ち着いたらしい。




よく年は普通学級の担任になったのだが、

「クラスの中に(きっとこの子は発達障がいだな)と思う子がいるんだよ。
 うちのクラスだけじゃなくて他のクラスにも。
 たくさんの子を見てるとなんとなくわかるんだ。
 でもね、私たちは医者じゃないから
 お宅のお子さん障がいがあると思うから病院に行った方がいいですよ
 とは言えないんだよね」


「じゃあ、どうするの?」

「遠まわしにね 
 お宅のお子さんなかなか椅子に座ってられなくて・・・
 とか言うんだけど、
 いやぁ、うちの子げんきがよっくってぇ~
 て返されちゃって・・・親は自分の子しか見てないから全然気づいてないんだよね。」


そういう子達をヒソカに「グレイちゃん」と呼んでいるのだと言っていた。


以前、次男が中学の時の支援学級の担任が同じ事をいっていた。
やはり普通学級の中に疑わしい子が何人かいて「グレイ」と呼んでいるらしい。
中には一度普通学級のいれたものの、
悩んだ末2年や3年になってから支援学級に変わり、現在次男の通う学校に入ってきた子もいる。
途中で変わるというのはかなり勇気のいる決断だと思う。


発達障がいにはいろんな種類があって
中には知的な遅れも無く、言語の遅れも無いタイプのものもある。
発達障がいの知識がなければ、気がつかない場合も多いだろう。
私自身も、次男の言葉の遅れがあったからこそ障がいがわかったのだが、
そうでなければ気がつかなかったかもしれない。
言葉以外の事・・・例えば一人で黙々と遊んでいるなんて事は全く気にならなかったからだ。


普通学級がいいのか、支援学級がいいのか?
一長一短でどちらがいいかとはハッキリ言いがたい。
もうこれは親の考え方だろう。
私は学問より、障がい者として社会に適応していく勉強をした方がいいと思って今の学校に通わせている。


担任の保育士や教師から「発達障がいではないか?」と思われつつも
それを知らされずにいるということはどうなんだろう?
診断が早いに越したことはないと思うが、
かといって素人の見立てで病院に行く事を薦めるというのも難しい。


自閉症の認知も高くなった昨今の「1歳半検診」や「三歳児検診」は
次男の頃と変わっているだろうか?
次男は1歳半検診では、ウロウロ歩き回るのを「性格の範疇です」と言われている。
そこでスルーしてしまった子達は?
他人事じゃないだけに気になるところだ。


親が子どもの障がいを知り、受け入れ、それに合った対応をしていくことで
困難だったことが簡単になるかもしれない。
子どもの辛さ(普通では思いも寄らないことだったりする)がわかってあげられるかもしれない。


何かいい方法はないのかなぁ。











にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

No title

私も学校で仕事をしていて、グレイの子は、なんとなく分かりますね。
知的にも問題なさそう、会話もスムーズ、、、でも違う。

はっきりしたものがあれば、先生方もはっきり親に言うことができるんですけどね。グレイの子は本当に微妙です。
先生が意を決して親に話しても、「あり得ない」と言われ、学年が上になりようやく気がつく親も。
他人から言われたことは、一度は受け止めるという気持ちを持ってもらいたいです。親自身のためではなく、子どもの将来の為に。

【2009/05/31 22:46】URL | あお #-[ 編集]

あお様

いい話じゃないだけに先生もいいにくいですよね。
いきなり子どもに障がいがあるんじゃないかと言われたらカチンとくるのもわかる。
でも、あえて言ってくれた先生の気持ちを考えて
その時は認められなくても、頭の片隅にでも置いておけばずいぶん違ってくると思うんですけどね。

【2009/05/31 23:19】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

No title

私は、どちらかというと、自分から探しちゃう。
息子を学校に迎えに行ったりすると、やっぱり何となくわかる。
あと、知り合いにこういう子がいるのよね!!とか言われると気になってみちゃう。
みんなそう見えちゃうから、あんまりあてにはならないけど!!(笑)

ちなみにうちは幼稚園の担任から検査してくださいって言われた。結構ストレートに。でもそのおかげで今があると思って感謝しているのよ!!
そしてその先生、今は娘の担任です。笑い話になってます。ふふふっ

【2009/05/31 23:28】URL | リトルガル #-[ 編集]

リトルガル様

結構いるよね。
その子の親よりも、その友人の親の方が心配してヤキモキしてるパターンもあるし。

ストレートに言われると、その時はショックでも
言い難いことを言ってくれたという事と、だから今があると思うと
ありがたいよね。

【2009/05/31 23:39】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2009/06/01 05:56】 | #[ 編集]

No title

ウチは、二人とも1歳半検診で見事引っかかって(´∀`;)
半年様子見るように言われて、診断が出た時点で(2歳)
保育園に言いに行ったんやけど、その時
「お母さんから言ってくれてよかった。こういうことは言いにくくて・・
・否定する人もいるし・・・」って言われた。。
ウチも立派にグレイちゃんで、先生も気付いてたみたい。
やっぱり言いにくい、デリケートな部分よね。
自分の子の事になるとかえって分からない事もあるかも。。
他人が言ってくれた事を受け止める度量が
子どもをラクにしてあげられることにつながる事もあるよね。

【2009/06/01 18:10】URL | たたみ #cOLA5hDU[ 編集]

たたみ様

きっと今なら1歳半検診でひっかかると思うんだけど、
当時は今ほど自閉症が認知されてなくてわからなかったんだと思う。
やっぱり大勢の子を見てるとわかるんだね。
自分の子に障がいがあるとは誰も思いたくないけど、
気づかないでいると子どもが辛いよね。

【2009/06/01 19:41】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

こんばんは

普通学級がいいのか、支援学級がいいのか。
私も長く学校現場にいましたので、学校職員としてその問題に触れたことも多くあります。

学級の前に学校……
普通の学校に支援学級があっても、必ずしもその道のプロの教師がついているとは限りません。そういう場合は、私個人の考えからすれば支援学校に行った方が本人にプラスになることが多いと思います。

ただ、やはり障がいの内容によりますね。
例えば、発達障害ではないのですが、
ほとんど耳が聞こえない女の子が入学してきたことがあります。
養護学校ではなく一般の学校を選んだのです。

その方の場合は本人の努力もあって、
それに応える形で職員も応援し、
立派に高校進学も果たしました。

学校の中の支援学級がいいのか、普通学級がいいのか……
もっと迷います。
はっきり言ってどんな教師か、といったことの方が大きいのが現実のような気がします。

全然答えになっていないコメントですみません。

【2009/06/01 22:52】URL | 空飛ぶミケ猫 #-[ 編集]

先生方へ

人間同士だし、すごくデリケートな話題だから、先生も口に出せないというのはわかるのです。でも、先生のような教育の専門家がいってくれないと親は全く気がつかないことも多い。先生がきっかけで障害が分かったって親御さんも多い。自信がなかったら上司や他の先生に見てもらって意見をもらうといいでしょう。先生方、どうぞ親御さんに教えてあげてください。
家の息子はおもいっきり1歳半検診でひっかかりました。(当時のことはブログ記事にもあり)当時かかわった専門家がキツいながらもいってくれたので、私たちは診断を出すことに踏切りました。当時はなんだ?この人!!って思ったけど、今ではとても感謝しています。日本のこの検診制度はとてもいいと思うけど、(アメリカにはこういった集団検診制度がなく、小児科医師個人の裁量に任されている、医師が気がつかなければ発見が遅れることも多々)そのあとのフォローをこれからはもっと頑張ってもらいたい!頑張れ、日本!!

【2009/06/02 02:10】URL | Sandie #-[ 編集]

No title

あきらかに・・・という場合はともかく、境界線にいる子の場合は
余計に悩むところでしょうね。
長男を受け持った保育士は「検査に行け」と言いましたよ。
ただ、普段から目のかたきにされていたので
その時は正直「失礼な!」と思いました。
検査でおそらく障害はないだろうということでしたが、
関わっていくなかで、もしかしたらという思いは今でもあります。
が、うちの場合は知的な面は遅れも感じないし、日常生活に
支障があるわけではないので、そういう傾向があるのか。単なる個性であるのかはわかりませんが、どちらにせよ、彼にあった接し方を
していくしかないので、特別詳しい検査をしようとは思っていません。
ただ・・・こっそりとADHDについては勉強していますけど。
どちらにしても彼にいいものはいい、よくないものはよくないので、
参考にはなります。

どんなことにせよ、我が子に合うのは何かということを
親は見ていくしかないのかもしれないなと思います。

【2009/06/02 08:56】URL | 海のいるか #-[ 編集]

空飛ぶミケ猫様

そのとおりだと思います。
次男は小学校6年間は普通学級で過ごしましたが、
担任に恵まれたおかげで楽しく過ごせました。
これが他の先生が担任だったら、違ってかもしれないです。

養護学校の先生といえども、すべての障害を正しく理解しているわけではありません。
普通学校に移るまでの腰掛にしている人もいると聞きます。
何かこうしてみると、すべて運にかかっているような・・・

ただ、親の体面だけで無理やり普通学級に進ませることだけは避けたいですね。
どの道を選ぶにしても、子どもの事を一番に考えて欲しいです。

【2009/06/02 20:02】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

Sandie様

2人目3人目ならともかく、1人目だと特に自分ではわからないよね。
よもや我が子に障がいがあるなんて思わないし。
ハッキリ言われると、その時は頭にくるけど
それがきっかけで診断を受けてわかる事が多い。
やっぱり勇気をだして言って貰ったほうがいいよね。
何でもなければそれに越したことはないんだから。

確かに日本はその後のフォローが遅れているかも。
診断自体もできる人が少ないから3ケ月待ちなんてザラなんですよ。

【2009/06/02 20:18】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

海のいるか様

「話すときは正面に回って目をみながら話す」
「抽象的ではなく具体的に話す」
発達障がいの子に対する接し方ですが、これって別に障害がいがあるなし関係ないですよね。
誰だって抽象的より具体的のほうが解りやすい。

その子にあった接し方は大事ですね。
それを知っているかいないかで暮らしやすさが全然違う。

ヒソカにお勉強されているとのこと。
そういうお母さんって少ないと思いますよ。スゴイ!!

【2009/06/02 20:35】URL | yuyuhaya #iRTvXO9Q[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yuyuken.blog57.fc2.com/tb.php/297-f14a1809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モデルの蛯原友里が「RIP SLYME」のILMARI(イルマリ)と交際!?

モデルの蛯原友里(29)がヒップホップグループ「RIP SLYME」のILMARI(イルマリ、33)と交際していることが明らかにな... モデルの蛯原友里が「RIP SLYME」のILMARI(イルマリ)と交際!?【2009/06/01 11:55】

ガッキーこと新垣結衣の過去の未公開映像!

『ポッキー極細』のCMで同年層からの注目の的となり最近では映画にドラマや歌手デビューまでも果たして活動の幅を広げ、勢いが止まらないガ... ガッキーこと新垣結衣の過去の未公開映像!【2009/06/13 11:24】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。